20180331

息子にパパと呼ばれるとこれまで体験したことのないような幸せに包まれる。
家族を持ち、家を持ち、仕事があり、健康である(団信が通るほどには)。
これ以上の幸せはあるのだろうかと、少し不安になったりする。
これはかつての自分が望んだ幸せである。
ここまで生きてこれてよかったと思う。
同時にまだ死ねないなと思う。
正直なところ、ここまできたら長生きしてコロッと死にたい。

そういや中学の頃に見た機動戦艦ナデシコのアニメで

「みんな自分たちの幸せを守るために必死なのよ」

と、パイロットの女の子がアキト君に言っていた気がするけれど、まさにそうだなあと思う次第です。

スポンサーサイト

コメント