新築マンションを購入しました

新築のマンションを購入しました。引っ越しも終えて、晴れてローン地獄に足を踏み入れました。
まあローンって、企業がお金を融資してもらってそれを元手に新しい技術とか開発してあとで利益を回収するように、個人もお金を融資してもらってそれで生活の質(QOL)をあげつつ色々頑張るという構図は同じなので、特に抵抗とかはありません。
しばらくは住宅ローン控除の恩恵を受けつつ、キャッシュを貯めていこうと思います。
しかしこれだけの低金利で何千万もお金を借りれる住宅ローンってすごいわ・・・。それに会社員の信用度はすごいのね。

ここ数年、自分たち家族が長く落ち着ける場所を探していて、注文住宅や建売住宅、中古マンションやリノベーションなど色々と検討しましたが、最終的にはあっさりと新築マンションに決めました。
想像すると戸建って管理面倒だし(草むしりしません)、そう言えば注文したいほど家のこだわりってないし、中古物件も設備を新しくしたりリノベーションしたりすると新築と値段変わらないし・・・
(その代わり立地が良かったり、作りが今より良かったりしますけど;特に2000年代半ばから後半の物件は)

車は持たないから駅まで徒歩圏内で、保育園小学校病院も割と近くて、治安も良くて落ち着いたエリアで、割と土地鑑もあって・・・ってなると、必然的にこのマンションですな、とピンポイントに絞り込めました。
子供には戸建で騒がせてあげたい気もしたけど、別に家の中って騒ぐ場所じゃないし(騒いだり走るなら外で)、向こう50年で都市のスマートシュリンクはかなり進んで、「集まって住む」スタイルがこれまで以上に一般化するだろうから、子供のうちから他人と共に暮らすという集合住宅に慣れておくことは意味があると思いました。
(そもそも東京で駅近戸建は高すぎてうちには買えない)

あとは予算ですが、マンションって今かなり高値で買い時ではない、2022年(生産緑地解放)まで待てとか言われていますけど、そんなに待てないし、将来のことなど誰もわからないし(必ず下がると言い切っている人は何者?)、いまここに住みたいのだからしょうがないと割り切ることにしました。
ローン組むなら早めの方がいいことは確か。金利も低めだし。
賃貸か持ち家どっちが得かもざっと計算しましたが、そもそも計算すること自体意味ない気がして気がしたのでやめました。
たまに賃貸はお金をドブに捨てる云々・・・という人もいますが、お金の対価として家を提供してもらっているわけで、別にドブに捨てているわけではない。
家を消費財としてみれば真っ当な出費だろうから、別に賃貸が無駄だとは思えない。
(例えば、都度マッサージ屋に払ったお金はドブに捨てるお金だったの?)
そこで、とりあえず「購入する」ことを前提に(だって買いたいから)、あらゆるリスクを引き受けてもなお払いきれると考える金額の算出に注力しました。

不動産コンサルタントに紹介してもらったファイナンシャルプランナに相談しながら、向こう60年間のキャッシュフローシミュレーションは入念に行いました。
家を買うと思わなければ、ここまで、先の人生とお金のことを想像することはなかった気がします。
この方にはこれからも年に一度くらい相談して、キャッシュフロー表を改定していきたいと考えています。

少々誤算と言えばエアコンが高いこと・・・。
マンションで暖房18畳程度までいける省エネモデル機種ってどのメーカーも20万円くらいするのね。。
私はパナソニックにして(特に理由なし)、他に寝室や狭い洋室のためのほか2台も購入して本体だけで30万越え。
冷媒管のカバーとか2段ラックとかエアカットバルブとか色々オプション工事をお願いしたら、工事費も10万円を超えてしまった。

また、引っ越しは今年のこの時期、特に人手不足で相見積を取り交渉しても結局10万強。

家具類は今のものを引き継ぐからいいけど、半年くらい前に冷蔵庫と洗濯機がご臨終して買い換えたので20万円。

細かいところでは、Wi-Fiルーターとか足りない照明とか、物干し竿とかカーテンとか買わなくちゃで10万。

金銭感覚が麻痺しそうなオーダーでお金が飛んでゆく。
住宅購入の際の諸経費(ローン関係や登記関係・火災保険関係・引っ越しやインテリア関係など)で、物件本体価格の8〜10%程度見ておいたほうが安全だと思いました。

スポンサーサイト

コメント