2015

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の目標は、
○早とちりをしない
○フーコーを読む
○本を100冊は買う

です。なるべくゆっくりやってゆきたいとおもっています。

さて、12月中頃から身体の調子が悪く、会社を休んだり病院に行ったりしていました。年末の休みに入ってからは持ち直したのですが、実家に帰ったら寒くてまた風邪を引きました。身体が悪くなると無気力になってしまうのが大変辛いです。

新年早々なんでこんな話をしているかといいますと、そうやって現状を言葉にしておいて、今年はなるべく風を引かないようにしようと戒めるためです。

ところで、技術士補は無事合格していました。簡単な年だったようで、ラッキィ!といった感。

年末、身体が持ち直してから読んでいた本は『ストーナー』、年明けから読んでいる本は『ラインズ 線の文化史』です。前者は、農学専攻の若者が文学の輝く瞬間に出会ったが故に、大学の先生になって、老いて一生を終えるという、最も小説らしい小説。後者は、世界の文化現象を、線の生成とあり方に着目して論じようとするもの。かなりエキサイティングですが、広範な知識と柔軟な頭(書くのは簡単でもなんて稀有なんだろう!)がないとついてゆけません。私は表面の文字をなぞって、自分に引き寄せて考えられる題材や文章だけをかいつまんでいます。いつかこんな本が、本当の面白みを実感しなが読めるようになりたい。

そんなわけで今年も幸せな1年にしましょう。



スポンサーサイト

コメント

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。身体こわしていたのね。お大事に。広範な知識、といえば、最近読んだガザニガの脳科学講義という本がとてもおもしろかったです。哲学用語で濁され、科学で決定論として悲観的に取り扱われる、脳と心の問題を、ロジカルに、人間理解を深める方向に解き明かす態度に感動しました。暇があればぜひ。

  • reo
  • 2015/01/07 00:13

あけましておめでとう。確認が遅くなりました。年末年始は散々でした。今はもう元気です。
ガザニガは初耳です。心配は、心脳問題に徹底的な科学的説明がついてしまった後、哲学はどうなるのか、ということです。まずは読んでみます、ありがとう。

  • ぐっちー
  • 2015/02/15 12:50